The Banana Bread Diaries

インザキッチン

なんちゃってHistory of Banana Bread

バナナブレッドの歴史について少し書きます。英語版ウィキペディアから一部情報をもってきました。でも僕の英語力ですから本当に要点を抜粋した程度です・・・。

 

バナナブレッドは1930年代にアメリカの料理本に掲載されるスタンダードな存在になったようです。それはベーキングパウダーとベーキングソーダの普及が大きかったようです。

1950年代には、the original Chiquita Banana's Recipe Bookという料理本が発売され、さらに広く受け入れたようです。

また、大恐慌の時に、それまで高価なアイテムを買っていた主婦たちが、熟したバナナを捨てることを惜しんだことによりバナナブレッドがより広がった、つまりバナナブレッドは大恐慌の副産物であるとする専門家もいるそうです。

そしてアメリカでは、2月23日を「National Banana Bread day」と定めているそうです。

 Banana bread - Wikipedia

 

なるほどー、食べ物の歴史ってちゃんと調べると面白いですよね。上記の訳がちゃんとしているかどうかは別として。でも大きくは間違ってない、ハズです。 

 

そしてちょっと唐突ですが、明日は日曜日ですねー。日曜日の朝はよくこの曲を聴きます。


Velvet Underground-"Sunday Morning" from "Velvet Underground and Nico" LP

 この曲は別にバナナとは関係なく好きなんですよ(笑) タイトル通り日曜日の朝の歌ですが、ルーリードですからね、決してハッピーな歌詞ではないです。でもとても美しい曲です。