読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Banana Bread Diaries

インザキッチン

バナナブレッド日記をはじめました。

 

はじめまして。 このブログはバナナブレッドに関する日記です。本当にタイトルそのまんまです。始めた理由はとても単純で、こんなにしょちゅうバナナブレッドを作っているんだから何か記録に残したいという気持ちからです。せっかく作っているんですもの、というやつです(笑)

f:id:waytogo:20170413140244j:plain

 「バナナブレッドだけでそんなに書くことがあるんだろうか???」と思うかもしれません。僕もちょっと気になっています。しかし信じられない頻度で作っているからたぶん大丈夫だと思います。

 もちろん読んでくれる人がいてこそのブログですが、僕はバナナブレッドおよびバナナ愛好家のアンダーグラウンドのネットワークを信じています。割りに本気です(笑)

 思えば昔からバナナが好きで今につながるクセみたいなものがありました。いくつか思い当たるフシを。

  • ミックスジュースをつくっている母親に、「バナナ多めにして!」といつも要求していた。
  • おやつでもよくバナナを食べていた。これは食費削減の一環だと思う。
  • 高校生の時に作家名買いで見事に吉本ばななのファンになった。
  • 上京してすぐの頃、初めてキャラメリゼされた焼きバナナを食べて、東京ってやっぱりすごいなあと感動した。
  • 無印で買い物をする時には、服だろうがそうじ道具だろうがなぜかバナナバウムも一緒に買ってしまう。
  • やたらバナナ関連の雑貨を買ってしまう。

・・・まだまだありますが、キリがないのでここらで止めておきます。

 

 バナナを使ったパン、ケーキ、その他料理ってたくさんありますが、近年その中でもバナナブレッドが好きなんですよね。シンプルでボリュームもあって身体にもいいし、気軽に持ち運べるのもいいところ。それに実はアレンジもきかせやすい。バナナを美味しく食べる最良の方法の一つだと思っています。

 最近は、会社から帰った平日夜に体力が残っているときと、ほぼ毎週末に作っています。いや体力はあまり残ってなくてもバナナスタンドにぶら下がっているバナナがいい頃合いだったりしたらいきなり作り出し、妻を唖然とさせたりもしています。

 過去に厨房で働いていた経験はありますが、焼き菓子に関してはまったくの独学です。しかし昔と違って今はインターネットがあるので本当に助かります。特に海外のサイトにはバナナブレッドのレシピをはじめとした情報がたくさんあってとても面白いんですよ。英語はそんなに得意ではないですが、使われる単語はそんなに多くないので慣れればけっこう簡単です。色々試しているうちに、バナナブレッドをはじめとした焼き菓子以外の料理をほとんどしなくなりました(笑)

 というわけで、これからバナナブレッドを作ったら、あわせてこのブログも更新する予定ですので、気が向いた時に読んでいただければ嬉しいです。若干のマイナーチェンジはあれどいつも同じようなことが書かれていることでしょう(笑)

 

f:id:waytogo:20170413140322j:plain

 写真はお気に入りのバナナクッション。バナナブレッドに最適の少し黒くなったくらいの熟し加減。アンディ・ウォーホルのデザインで、Velvet Undergroundの1stアルバムのジャケットで有名なあのバナナです。確かオフィシャルグッズで大中小あったような記憶があり、これは「中」だったと思います(かなりうろ覚え)。それでも50cm強はあってかなり大きい。これからはバナナブレッドの写真の連投になると思いますので、最初くらいはポップな写真を(笑)